ぬまっち流「授業中、下ネタや汚い言葉を連呼する子」への対応法

塾・教職ニュース
子供の「自ら成長する力」を引き出すことに定評のある、沼田晶弘先生。 今回は、「授業中に、汚い言葉や下ネタを言って騒ぐ子がいます。止めるよう注意するのですが、 周囲の子も盛り上がってしまうので、授業が進めづらいこともあります。 どのような対応をするとよいでしょうか」という先生の質問に、アドバイスをいただきました。

撮影/下重修

周囲が盛り上がるから、言いたくなる

授業中にわざと汚い言葉や下ネタを言って、周囲の気を引こうとする子はいるよね。

たとえ女子から白い目で見られても、男子は盛り上がってしまうこともあるから、授業が進めにくくなることもあるだろう。

では、なぜわざわざ授業中にそんな言葉を使うのか。それは周囲が盛り上がってくれるからだ。

だから下ネタを言おうが、ウンチと叫ぼうが、周囲の子が盛り上がらなければ解決するはずだ。

誰も反応してくれなければ、そんな言葉を使っても意味がないことに子供も気が付くだろう。実際、授業中にそんな言葉を使う子がいることに対し、嫌な思いをしていたり、冷ややかな気持ちになっている子のほうが多いはずだからね。

「『ウンチ』で喜ぶのは一年生まで!」と諭す

健康的な生活習慣について指導をしたり、保健体育の授業のときでも、特定の言葉に反応する子がいる。

例えば、「朝はちゃんと朝食を食べて、ウンチもしてくるこ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました