我々はどうして高校に行き、大学に行くのか【キャリア】

塾・教職ニュース
義務教育というものは小中学校までである。高校以降は、自らの選択で決めるということが一般的である。そして私は地元の普通科の高校に進んだ。ある程度真面目に授業を受け、部活もし、学校行事も行った。その学校は全員がセンター試験を受け、90%以上が大学進学する。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました