外国語は面白い!ハングルの尊敬語編

塾・教職ニュース
特に喋れるようになったわけでも、必要とする機会があるわけでもないのですが今年の2月頃からハングルの勉強をしています。NHK語学講座のアプリはほんとに素晴らしい!長男とは基礎英語1を一緒に聴いています。こんな素晴らしいアプリは、最大限に活用せねば!ということで、一時期は中国語とフランス語も聴いていましたが、さすがに自分は何をしているのだろうかと哲学的気分になってしまったので、その二つは3ヶ月でやめました。さて。ハングルは日本語と、とても似ているので、最初とっつきやすかったことが幸いして、いまも続いているのですが、当たり前のことながら、やっぱり違う部分もあり、語学マニアが言うには、その違いを体感したときに、脳汁が出るらしい。確かにそこに喜びを見いだせなければ、語学なんて苦行でしかないですよね。私の場合は、そんな域には到底達することはできないと思いますが、違いが現れたときに、「ここが脳汁ポイントか!」と確認したうえで、脳味噌を喜ばせる方向へ持っていくようにしています。そうやって、ワンクッション置かないと、喜びに辿り着けない鈍感を呪いたい。しかし不思議なもので、私のようにAからBへたどり着くために、毎回Cを経由していると、脳内ショートカットが起きるらしく、A-C-Bを繰り返していると、知らずうちにCをすっ飛ばして、Bにたどり着くようになっていたりするが、それはいつも「知らずうち」なので、「

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました