互いを認め合うことができる児童の育成 弥富市立十四山東部小学校

未分類
異学年交流活動の活性化を通して本校は全学年単学級で人間関係が固定される傾向にあるため、毎週水曜日の始業前の「ふれあいタイム」で異学年交流活動を行い、人間関係づくりに取り組んでいる。昨年度の成果として、新しい活動に挑戦するなど、あまり工夫がなかった活動にレパートリーが増えた。また、6年生だけの企画・運営に5年生を加えたことで、6年生は準備にゆとりが生まれ、5年生は高学年としての意識が高まった。しかし、高学年の企画・運営への不安、低・中学年の好きな遊びがしたいという不満などから、意欲的に参加できない姿も見られた。また、心の交流を目指して取り組んだ「ふりかえりカード」であったが、カードを書く児童の固定化、掲示されたカードを見る児童の減少など、効果的な活用ができなかった。そこで本年度は、昨年度の課題を踏まえ、活動のさらなる活性化を目指した。
誰もが意欲的に参加するために
活動前に「活動希望アンケート」を行った。企画する5・6年生は、アンケート結果をもとに、希望が多い活動だけでなく、少数派の意見も取り入れながら計画を立てることができた。その結果、高学年の不安、低・中学年の不満が減り、意欲的に活動する姿が多く見られるようになった。

また、中学年の参加意欲向上のため、学期に1回、4年生が企画・運営する機会を設けた。4年生だけでは経験やノウハウが少ないため、計画の段階で6年生が加わり、ア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました