「監察医 朝顔」第5話は前半のターニングポイント。母の死と向き合うヒロインの気になる今後を予想

幼稚園・小学校
目次子役もかわいい! 朝顔ファミリーのほっこり感が最大の魅力震災の傷と向き合う真摯なドラマ作り。行方不明の母がついに見つかる?第5話以降の気になる展開は? “桑原くん”が不倫? 本当に“お母さん”の歯?心優しい朝顔の理解者たちに新たな局面が!?10月にスタートした連続ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系)。好評を博した2019年の第1シーズンの続編で、しかも、通常の連ドラの倍に当たる半年間放送されるということでも注目を集めています。優秀な監察医であり、妻であり、母であるヒロイン・朝顔を始め、その家族や周囲の心優しい人たちが織りなす人間ドラマ。その魅力を紹介し、今後の展開を予想します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■あらすじ
主人公の朝顔(上野樹里)は大学の法医学室に勤める法医学者。殺人事件などで死体が見つかったとき、死因究明のために解剖を行なったり警察に協力してその現場に赴いたりするのが仕事だ。父親の平(時任三郎)はベテラン刑事で、夫の桑原(風間俊平)も平と同じ野毛山署にいた刑事。現在、桑原は神奈川県警捜査一課に栄転し、忙しい日々を送っている。朝顔はそんな夫と父と幼い娘のつぐみ(加藤柚凪)と一緒に暮らしている。母親の里子(石田ひかり)は東日

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました