わが子を「いじめっ子」にしないために。2歳を目安にしておくこととは?【子育ての道を照らす佐々木正美さんの教え】

幼稚園・小学校
目次2歳から4歳に身につく「セルフコントロール力」=自律性心が発達するためには順序があります。ベースは「基本的信頼感」他者との関係性を学ぶのは、 自分と他者が区別できるようになる2歳から しつけは「繰り返し教えて、できるのを待つ」。子どもに自律性をはぐくむコツです。「自律性」をもてなかった子どもがいじめをします「基本的信頼感」と「自律性」を身につけた子どもは、人生を幸せに生きていけます2歳から4歳に身につく「セルフコントロール力」=自律性
発達心理学者のエリク・H・エリクソンは、人間の一生を8つの発達段階に分けた「ライフサイクル・モデル」の中で、そのときどきにおいてクリアすべき課題を示しました。乳児期は「基本的信頼感」、幼児期には「自律性」を得ることが課題であるとしています。
 「自律性」とは、セルフ・コントロールのことで、自らを制御する力です。
 私たち人間は誰もが自分で自分の衝動をコントロールしながら生きています。その力の根ともいえるものが幼児期の2~4歳の間に身につくんですね。
 
「自律性」は、何かを我慢するという単純なものをいうのではありません。自分で自分の衝動を律して、自分で何をするかを決める力です。
心が発達するためには順序があります。ベースは「基本的信頼感」
ですから、その前の乳児期には「基本的信頼感」を獲得し、自分に対しての自信が育っていないとできません。自分に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました