小3理科「太陽の光をしらべよう」指導アイデア

塾・教職ニュース
執筆/福岡県公立小学校教諭・木村七帆子編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、福岡県公立小学校校長・藤井創一

イラストAC

単元のねらい

光を当てたときの明るさやあたたかさに着目して、光の強さを変えたときの現象の違いを比較し、光の性質について調べる活動を通してそれらについての理解を図ります。また、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主に差異点や共通点を基に、問題を見いだす力や主体的に問題解決しようとする態度を育成します。

単元の流れ(二次 総時数 6時間)

一次 光の進み方(2時間)

的あてミッションゲーム(1時間)光の進み方(1時間)

はじめに、子供たち一人ひとりが鏡を持ち、光の的当てをしたり、光のリレーをしたりする体験活動をすることで、光の性質についての興味・関心を高めます。その後、体験活動での気付きや疑問を基にして問題をつくり、実験によって確かめていくようにすることで、光の性質についての理解を深めるとともに、問題解決の学び方を身に付けることができるようにします。

二次 光の明るさとあたたかさ(4時間)

鏡で光を集めると(2時間)虫メガネで光を集めると(1時間)たしかめ(1時間)

■単元デザインのポイント■

「量的・関係的」のメガネで見てみよう!

見方 主として「量的・関係的」

日光を集

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました