数学検定3級

塾・教職ニュース
 息子の数学検定3級の結果が郵送されてきた。 一次は合格していたのだが、二次は1点足りなくて、不合格になっていた。 試験当日、息子は一番後ろの席で、教室の外からも姿が見えるようになっていた。 十五分前に会場に迎えに行くと、息子は問題を見直すわけでもなく、ボーっとしていた。しばらく息子を観察していたが、退屈そうに時間を持て余しているのが、背中越しにわかった。 試験が終わり、どうだったか息子に聞いた。「簡単だったよ」「最後の十五分ぐらい、なにもしてなかったじゃん。あれは手も足も出ないってことじゃないの?」「なに言ってるの。問題が簡単だったから、退屈してたんだよ」「じゃあ、自信はあるの?」「ある」 きっぱりと断言する息子を見て、確実に合格すると思っていたが、結果は前述の通り。 さすがに息子は反省していた。「やっぱり見直ししなかったから、バチが当たったのかなあ……」 天網恢恢疎にして漏らさず。バチが当たったのもたしかだろうが、問題は楽勝だと思ってしまった息子の心の隙だろう。彼はいい結果が続くと、こういうミスを必ず犯す。理解度や実力といったテクニカルな要因ではなく、メンタルに問題があるのではないかと思う。これだから小学五年生は難しい。 来年は中学受験だが、この浮き沈みの激しい不安定な状態は改善してくれるのだろうか。 塾の先生も言っていた。「息子君が大人になるのを待ちましょう」と。 間違った内

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました