就学を続けられない可能性のある高校生 ひとり親家庭の3割

未分類
コロナ禍で授業料や教材費の支払いが困難になり、就学をあきらめる可能性がある高校生のいる都内のひとり親家庭は3割に上るとの調査結果を、国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が11月30日、発表した。

同調査は、同NGOが8~11月に行った「都内ひとり親家庭高校生給付金」事業の給付金申し込み時に、高校生活における経済的負担などに関して質問する形で実施。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました