VR空間での授業で学びが進化 N高が仕掛ける次の一手

未分類
教育への活用が急速に進むVR(仮想空間)。広域通信制高校のN高校を運営する角川ドワンゴ学園は来年度から、最先端のVRデバイスを貸与してVR空間で授業を受けられる「普通科プレミアム」を開設する。VRによって学びはどこまで進化するのか。現在開発が進む普通科プレミアムのVR授業コンテンツの可能性を取材した。
生徒ファーストのVRコンテンツ
普通科プレミアムは、同校で行われている動画による教科の授業や課外授業を、VRコンテンツとしても提供できるようにするサービスで、スタート時点では約6600本ある授業動画のうち、2400講座でVRコンテンツが用意され、来年度中には半数以上の講座が対応する予定。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました