小学校同士をオンラインでつなぐ 外国語活動の交流授業

未分類
テレビ会議システムを活用して、市内の小学校同士がつながり、外国語活動の交流を行うオンライン授業の取り組みが、埼玉県戸田市立戸田東小学校(小髙美惠子校長、児童1060人)と同市立笹目東小学校(武藤昌博校長、児童711人)で、12月1日から始まった。児童らは、英語でお互いの学校を紹介し合ったり、双方のALTが出身地のクリスマスの祝い方を教えたりした。

3年生の「外国語活動」の一環で企画されたクラス同士の交流授業では、最初にお互いの学校の自慢を動画で紹介。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました