苦手なことは、準備する。

塾・教職ニュース
生まれつき不得手なこと、苦手なものがいくつかあります。たとえば「人前で話す」がそうです。 とにかく下手。放っておくと超絶にヘタ。  必ずうまくいく必勝法、とまではいかない、せいぜいコツ、補助線のつもりで考えてみる。  話す内容の高尚さ、レベルに依存しないポイントとして、 1.結論を言う2.短く話す3.事実を話す が挙げられると思う。 もう一つ加えると 4.紙に書く だ。  話すことを、項目タイトルでメモする。 主要なパートのみ、文で箇条書きにする。 ざっと一通り、スピーチ原稿として書いておく。 アドリブ(に見せる)部分も含めて、実際に喋るセリフのレベルですべて書く。  その状況によって、手間の度合いは変えるけど、とにかく書く。 朝礼や終礼での簡単な周知、部下に何か確認をする、上司に一つふたつ立ち話する程度のときでも、書く。 その前段で、セリフをあれこれシミュレーションする。  準備をするのとしないとでは、やっぱり結果が変わる。 同一人物のbeforeとafterだから、当たり前のことだ。  今日は、書かなかった分だけ冗長になり、シミュレーションした分だけ、うまく行った。  このときは、めずらしくチームメイトに褒められ、苦笑いした日でした。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました