帰国子女を育てる ということ

塾・教職ニュース
私の子供はいわゆる帰国子女です。会社の都合で海外赴任になり、子女を帯同したことから、子供の希望に関係なく、子供は幼少期と中学時代を海外で過ごすことになりました。お子さんは英語ができていいですね。日本の受験の時に帰国子女枠があっていいですね。お子さんにとって貴重な経験ですね。とよく言われました。ただ、本人もいきなり違う言語国に放り投げ出され大変でしょうが、親も大変でした。1.赴任期間中の日本語教育2.日本文化の経験3.帰国してからの語学力の維持(大抵の場合は英語)私の子供の場合、まず2歳から6歳まで米国で育ちました。この年齢で基礎的な言語能力が備わる、と聞いていましたので、日本語教育のために赴任前に絵本専門店で買えるだけの絵本を購入して船便で送りました。年齢に応じた絵本を片っ端から購入しました。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました