MINKYOオンラインセミナー「これからの大学入試 開発会議」 10月10日(土)に開催

塾・教職ニュース
今年8月、文部科学省によりJAPAN e-Portfolioの運営許可が取り消され、9月11日に運用が停止したことにより、高校生約18万人がシステムに登録していた個人情報やポートフォリオデータは削除された。「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性等)」を評価する仕組みとして開発されたJAPAN e-Portfolioは、大学入試改革の柱の一つだったが、運用開始からわずか1年で頓挫した。

SNS型eポートフォリオ「Feelnote」等で、新たな大学入試のあり方を提案する一般社団法人 日本アクティブラーニング協会(相川秀希理事長)は10月10日(土)、MINKYOオンラインセミナー「これからの大学入試 開発会議」を開催する。

同セミナーには、グローバル戦略に基づいて入試改革を推進する早稲田大学の須賀晃一副総長と、日本で初めてAO入試に取り組み、今なお進化を続ける慶應大学SFCから脇田玲学部長らが登壇し、今後の「大学入試のあるべき姿」を徹底議論し、その実現に向けたアクションを検討する。対象は教育関係者で、下記の専用申し込みフォームから事前登録すれば無料で参加できる。

MINKYOオンラインセミナー「これからの大学入試 開発会議」専用申し込みフォームhttps://activelearning.or.jp/20201010_minkyo_online/

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました