性教育の授業は教材探しから始めよう

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
学校教育における性教育は、生命尊重や人間尊重、男女平等の精神に基づく「人格の完成と豊かな人間形成」をめざす、 教育課程の中に位置づけられた教育活動です。そのため、道徳や特別活動、総合的な学習の時間などの教科等との連携を図りながら、学級担任も積極的に取り組むべきものです。しかし実際は、指導の方法が分からないという声も多く、十分な指導が行われているとは言えません。性教育の教材が少ないことも、授業の困難さにつながっているようです。日本性教育協会が執筆編集した「すぐ授業に使える性教育実践資料集 中学校改訂版」の執筆者グループの一人、堀内比佐子さんに、中学校の性教育についてアドバイスをいただきました。

全国性教育研究団体連絡協議会事務局長・堀内比佐子さん

性教育とは「人とどう関わるのか」を考えること

―本書『すぐ授業に使える性教育実践資料集』では、中学校における性教育の資料や指導方法を紹介していますが、性教育の現代的な課題はどのようなところにありますか?

堀内 最近は、学校でも性教育の大きな課題として、LGBTやSNSなどのネットの問題を取り上げることも多くなってきました。しかし、それらの問題の背景や、根本的な課題から教育しなければ、本来の性教育とは言えないのです。

これまでの性教育では、異性とどう関わるかということが非常に大事なポイントでした。しかし今日で

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました