遠足や校外学習で教師が身につけておくと便利な3つのモノ【動画】

塾・教職ニュース
小学校では遠足や校外学習のシーズン到来ですね。出先で起こりがちな場面に備え、先生方が引率のときに身につけておくと便利なものについて、佐々木陽子先生が紹介します。




1. リール付きボールペン

以前、「先生が学校のロッカーに常備しておくといいも5つ」でもご紹介した、伸び縮みするリールの付いたボールペンです。

先生方は笛を首から提げていくと思いますが、その横にリール付きボールペンを一緒にかけておくと、施設へ入るときの事務手続きや、メモしたいときなどに、すぐに使えてとても便利です。



2. 「しおり」の縮小コピーを入れた名札ケース

手書きのものでもよいですが、旅のしおりを縮小コピーして名札ケースに入れておくと、スケジュールを逐一確認しながら行動できるのでとても便利です。

以前はしおりをリュックサックにしまっていたので、出すのに苦労して、お弁当が飛び出てきたり、水筒を落としたり⋯⋯いろいろありました!

名札ケースに入れて首から提げておけば、すぐに確認して行動できるので、とても良かったです。



3. 鼻血を止める「綿」

子供たちは怪我をすることより、鼻血を出すことの方が多かったりしませんか!?

それに備えて、保健室に置いてある「綿球」を少しもらって持っていきましょう!

先ほどの名札ケースの裏に入れておけば

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました