小3~4年生頃から始まる「ギャングエイジ」。子供の特徴と上手な付き合い方、ママパパ体験談も!

幼稚園・小学校
目次「ギャングエイジ」とは?この時期の子どもに見られる特徴ギャングエイジ期を経験した【ママパパの体験談】子どもへの接し方で気を付けたいこと子供の成長を見守り、親子でギャングエイジを乗りきろう!心も体も小学校低学年のころとは違った発達過程がみられるようになる小学校中学年。この時期は、思春期の本格的な反抗期の前にみられる「中間反抗期」でもあり、「ギャングエイジ」ともよばれる時期です。この時期の子供は仲間や集団をつくって行動することが増えるだけでなく、反抗的な言動が増えるなどこれまでとは違った子供の行動の変化に戸惑う親御さんも多いようです。
そこで今回はギャングエイジ期を経験したママパパに体験談を伺いました。ギャングエイジ期の子供の特徴を探り、この時期の子供との上手な付き合い方をみていきましょう。
「ギャングエイジ」とは?
まずは、ギャングエイジ期の子供の特徴をくわしくみていきましょう。
ギャングエイジは社会性の基礎を身につける大切な時期
ギャングエイジと聞いて、非行にはしってしまう子供の反抗期?!と驚く方も少なくないかと思います。しかし、ギャングエイジの「ギャング」は「仲間」や「集団」を意味し、仲間集団で行動をすることが増える年頃であるため「ギャングエイジ」と呼ばれています。
ギャングエイジは、社会性を身につける子供の大切な発達過程であり、親からの自立に向けた第一歩を踏み出す時期でも

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました