小1生活科|保護者参加型の二学期授業参観アイディア

塾・教職ニュース
生活科を授業参観で行うとなると準備が大変。でも、工夫次第で、楽しく、お手軽に、しかも保護者にも喜んでもらえる、そんな生活科の授業が展開できるのです。保護者の協力あっての生活科ネタも盛り込みました。ぜひ、お試しください。

執筆/千葉県公立小学校教諭・藤木美智代



親子で「おいしい」「楽しい」体験を

1 おいも食べよう会

自分たちで栽培した食材を、自分たちで調理していただくという活動がおすすめです。一年生には調理は無理なので、おうちの方の協力が必要になってきます。

私の学校では、サツマイモを畑で育てていますので、茶巾絞りのスイートポテトを親子で作って食べるという授業を行いました。

授業参観の一時間ほど前に、各クラスの保護者の代表の方2~3人に家庭科室に集まっていただき、サツマイモをふかしてもらいます。家庭科室に3クラスは入れないので、クラスごとにふかしたサツマイモを持って、各教室に移動していただきます。ここからが授業参観です。下の打ち合わせメモの②③④をご覧ください。



代表の保護者の方に、作り方を説明していただきます。あとは、班ごとに進めてもらい、できあがったら「いただきます」となります。同じ班の保護者の方と子どもたちで、お話をしながら食べます。保護者同士も仲よくなっていただきましょう。食べた後は、教えていただいたお礼と、片づけの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました