玉井式 外国人向け日本語学習教材「KIWAMI Japanese」 インド名門大学が採択 授業開始

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
 株式会社タマイインベストメントエデュケーションズ (京都市・中京区、玉井 満代 代表取締役)は、インド名門大学のランチー大学(Ranchi University)における自社開発 日本語学習教材「KIWAMI Japanese」を用いた日本語学習授業を12月9日より開始すると発表した。

 株式会社タマイインベストメントエデュケーションズは、「玉井式 国語的算数教室」や「玉井式 図形の極」、「玉井式 Eeそろばん」など、イメージング力を身に付けることを教育の目標とした次世代型ICT教材の開発に傾注し、全国で約24,000人の学習者を有するICT教材メーカー。また、コロナ禍で通塾が困難になった学習希望者にも対応すべく、2020年6月よりオンライン双方向授業を導入・提供開始し、履修内容の不足などの不安感解消に向けた指導も執り行っている。 

ランチー大学はインド東部に在する、23の学部・大学院を有し、15の分校、49の提携校を抱える名門大学。インド国内はもちろんのこと、世界で活躍できる人材育成にも注力し、インド国内の日本企業への就職や日本でのビジネス開始などを将来の目標とする学生の育成に取り組むため、今回の教材採択に至った。
The post 玉井式 外国人向け日本語学習教材「KIWAMI Japanese」 インド名門大学が採択 授業開始 first appear

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました