コロナ下の特別活動をどのように行うか?教科調査官に聞きました

塾・教職ニュース
新型コロナウイルス感染症対策によって、学校行事や学級活動などの実施に大きな影響が出ています。コロナ下で求められる特別活動の意義や、低学年における特活の具体的な進め方について、文部科学省特別活動教科調査官の安部恭子先生に伺いました。



安部恭子先生(あべ・きょうこ)●埼玉県大宮市立小学校教諭として教職をスタート。さいたま市立小学校教諭、さいたま市教育委員会、さいたま市立小学校教頭として勤務。2015年より、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官[特別活動]。趣味は温泉巡り、「コロナが収束したら、楽しみたいですね」。

学校でしか経験できない協働的な学びを大切に!

―コロナ下で子供たちは例年とは違う学校生活を送っています。今、先生方がすべきことはなんでしょうか?

安部 入学式や始業式が6月になってしまったとか、しばらく分散登校が続いてクラス全員がそろうのに時間がかかってしまったという学校も多かったと思います。そういう状況になったときに、先生方が一番心がけていたのは、学校と子供をつなぐ、子供同士をつなぐことだったのではないでしょうか。

臨時休業中、学びを止めないように、子供たちに教材を配ったり、オンラインを活用したりした学校は多かったと思います。そういう手立てもとても大事なことですが、学校が最も大切にすべきは、学校生活をどう子供にとって豊かなものに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました