引力と重力の違いとは? 目に見えない力を理解する方法ってあるの?

スポンサーリンク
幼稚園・小学校

引力と重力について分かりやすく簡潔に解説します。物質にもたらす作用だけではなく、誰がどのように発見したのかまで、しっかり覚えてしまいましょう。また、難しい話にも興味を持ちやすくなる、引力や重力に関する豆知識も紹介します。
そもそも引力って何?
「引力」が物を引きつける力なのは読んで字のごとしですが、「重力との違いは?」という話になると首をひねってしまう人も少なくないでしょう。まずは、引力と重力について詳しく解説します。
お互いに引っ張り合う力のこと
引力は、正しくは「万有引力」といいます。万有引力とは、「質量のある全ての物体同士の間に働く、互いを引っ張り合う力」のことです。
この万有引力が働いているからこそ、私たち人間は地に足を着けて歩けます。質量のあるものなら何でも引力を持っているということですから、もちろん人間も、身の回りにあるものも、みんな引力を持っているのです。
ただ、地球上では地球が最も大きな引力を持っているため、リンゴが人に引き寄せられてくっつくなんてことは起きません。
質量が大きいものほど強い引力を持ち、距離が開くほど引力の影響は小さくなります。これを証明した数式が「万有引力の法則」です。
重力との違いについて
地球の引力に引きつけられている物質は、地球の自転による「遠心力」の影響も受けています。この二つの力を合わせたものが「重力」です。
地球は南極と北極を通る軸を

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました