英語教育で最も大事なこと

塾・教職ニュース
英語を学んだり教えたりする上で大事なことを自分なりに語りたいと思います。 自分が1番強く思うのは、いかに「言語として学ぶ」かです。学ぶ側が勉強と強く認識してしまっていては英語という言語を話せるようになるのは難しいでしょう。自分が思う手っ取り早い方法は「小さいうちから英語に慣れる」ことです。言語は、産まれてから周りの人が使っているのを見て覚えていくものです。完璧にそれをすることは難しいですが、小学生のうちから塾に通うなどすることで英語という言語への理解がより深まりやすいとおもいます。1.単語とはいえ、塾に通うのもただではありませんし、今から英語を頑張りたい人もいると思います。自分は英語学習に励む人をそこそこ見てきましたが、大事なのは楽しむこと!ひたすらノートに単語を書くような学習法は遠回りです。中でも楽しむ勉強法のおすすめ日本語の意味と英語のスペルを書いた紙を用意し、神経衰弱やカルタのようにあそぶです。こうして単語を学ぶことで少しでも「勉強」という認識を避け、「言語」としての認識を高めましょう。自分が見てきた人の中でこの勉強法をした人はノートにひたすら書いてる人より断然覚えがいいです!2.文法英語を勉強する上で多くの人がぶち当たる壁の一つである文法を皆さんはどのようにインプットしていますか?まず最初に考えて欲しいのは、皆さんは日本語で人を話す時に「文法を気にしている」かです。大抵の人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました