【学校×スマホ(1)】文科省の通知の趣旨とは

スポンサーリンク
未分類
兵庫県立大学准教授、学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議座長 竹内 和雄この連載の一覧 ・学校×スマホ 持ち込みルール改正をきっかけに

6月下旬、「文科省が携帯電話の学校への持ち込みを容認した」という趣旨の報道が新聞各紙でなされました。社会のICT化が進む中で、子供が学校へスマホを持っていく時代が到来するのかと思った人もいるかもしれません。

しかし、7月末に文科省が出した通知は、「小中は原則持ち込み禁止」「高校は原則校内使用制限(授業中禁止、校内使用禁止)」で、10年前の通知をほぼそのまま引き継いでいます。つまり、基本方針は変わっていません。

今回、報道機関が「持ち込み容認」と報じたのは、有識者会議の「審議のまとめ」の「中学校における、学校への生徒の携帯電話の持込みについては、持込みを原則禁止としつつも、一定の条件のもと、持込みを認めることが妥当と考えられる」という一文に着目したものだと考えています。……
Source: 教育新聞

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました