七五三の「千歳飴」、由来や意味を解説。歳によって本数も変わるって知ってた?【榮太樓のお菓子歳時記】

幼稚園・小学校
目次江戸時代に広まった「七五三」千歳飴に込められた親の願いとは?三歳なら3本、五歳は5本、七歳は7本。歳の数を揃えるのが本来の祝い方和菓子には、季節や行事に合わせて四季を楽しむ日本人の心が表されています。「白い黄金」と称された貴重な砂糖をつかった和菓子は、まず、富裕層向けに京都で発達し、将軍のお膝元である江戸に広まりました。 文政元年に、江戸・九段に出府を果たした榮太樓總本鋪。およそ160年前に、現在の日本橋の地に店を構えて営業を続け、創業200年を迎えました。和菓子を庶民に届け続けてきた榮太樓總本鋪がお届けする「和菓子歳時記」。ふだんの暮らしで親しんできた和菓子にまつわるエピソードをお楽しみください。

江戸時代に広まった「七五三」
男の子は5歳、女の子は3歳と7歳のときに、数え年で行われる子どもの成長の儀式である「七五三」のお祝いが定着したのは江戸時代です。 中国で奇数が縁起のよい数とされたところから、成長の節目の年の数が、そのまま行事の名称になったとされています。江戸の昔、子どもの死亡率はとても高く、「七五三」は子どもの健康と長寿を祈る大切な成長の節目の行事とされ、今日まで受け継がれてきました。 「七五三」が11月15日とされたのは、江戸時代の将軍・徳川綱吉が徳松君と呼ばれた幼少の頃、この日に祝儀を行ったことから、式日とするならわしになったとか。
千歳飴に込められた親の願い

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました