保護者クレームにグサリ…【令和2年度新任教師のリアル】

塾・教職ニュース
これは、2020年4月に小学校の先生の道を歩き始めた、小学校教諭・優花と美咲(仮名)の対談連載です。 ともに1997年生まれ、学生時代から仲がよい2人が、9月の日々を振り返ります。 夏休み明けに、新型コロナウィルスの感染拡大に気を付けつつ、どのように子供たちと向き合っていったのでしょうか。

写真AC

●優花(ゆうか)……東京都出身。大学時代は道徳教育の研究に力を注ぐ。某県の教員採用試験に合格し、現在公立小学校3年生の担任。●美咲(みさき)…… 東京都出身。楽器の演奏、運動や体操が好き。学芸会や運動会など大きな行事の運営を研究。私立小学校2年生の担任。

仕事に追われ、1秒たりとも無駄にできない!

――今年は例年に比べて2週間短縮されましたが、夏休みはいかがでしたか?

優花・「例年」を知らないので、こんなものなのかな……という感じです。公立小学校の子供たちは、まだ遊び足りないようでした。

美咲・私は私立なので約1か月間の夏休みがあり、実家でのんびり過ごしました。コロナ禍が明け、子供たちが通学するようになってから、怒涛(どとう)の毎日。この夏休みに、授業研究や学級運営などの本も読めました。ところで優花ちゃん、学校が始まってから、どう?

優花・常に追われているかな。朝から授業して、合間にテストの丸つけをして、連絡帳を書いて、戻して、提出物

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました