人を必要としないからこそ、日本語が平和への架け橋になるのです。『日本語が世界を平和にするこれだけの理由』

塾・教職ニュース
『日本語が世界を平和にするこれだけの理由』は、日本語の基本が平和に導く構造であることを示しているビジネス書です。「英語:誰かが何かをする言語・日本語:何らかの状況である言葉」「日本語:共感の言葉・英語:自己主張と対立の言葉」「人名:場所の日本語・人(職業)の英語」など、日本語と英語の違いを如実に言い表しています。特に「言葉とは文化そのもの」とあるように、人間中心主義の英語は自己中心的で、他者との共感を生みにくい言語です。逆に日本語は共感を前提とした言語で、多様性の時代において必須のシステムです。日本語を上手く利用して平和なシステムを築きたい方にオススメです。 「日本語は述語だけで文になる⇒文法

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました