半年ぶりに開いた校舎

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
  アメリカの私が暮らす地域にコロナ禍が押し寄せ、急に学校閉鎖が決まったのが3月中旬。以来、わが学区の公立高校は、一度も建物を開放することはない。許可なく建物内部に足を踏み入れることを、固く禁じているのだ。8月終わりから始まった新年度も完全オンライン授業で、生徒も先生も学校に通うことは一切ない。しかし、9月終わりと10月はじめの2週連続、SAT試験会場として、学区内のいくつかの公立高校がようやく、受験生に門戸を開いた。学校に生徒が戻ってきたのだ。これは本当に画期的なことで、とても感慨深かった。 アメリカは日本と違って新型コロナウイルスの蔓延が桁違いに多い。信じがたい死亡者数。すべての人ではないが、アメリカ在住者の大半は、コロナに怯え、家にこもる生活が板についてしまった。それだけに、シンボル的存在だった学校が、急に賑わいを見せたことに、通りかかった地元の人も驚き、興味津々に、「学校は本当に開いているのか。」「何のイベントで開けているのか。」「教室には何人くらい生徒が座って、試験をやっているのか。」と、試験監督補助をしていた私に聞いてきた。 続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました