小5国語「和の文化を受けつぐ―和菓子をさぐる」指導アイデア

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教材名:「和の文化を受けつぐ―和菓子をさぐる」(東京書籍)

指導事項:A 話すこと・聞くこと イ  言語活動:ア指導事項:C 読むこと カ  言語活動:イ

執筆/福岡県公立小学校教諭・矢野万理編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、福岡県公立小学校校長・城戸祥次

イラストAC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

「和の文化」に関する複数の本や資料を目的をもって読み、伝えたい内容に応じて適切な資料を使いながら説明する力を育成します。

②言語活動とその特徴

本単元では、「いろいろな本や資料から和の文化について調べたことを基にプレゼン大会を開く」という言語活動を設定しています。オリンピックイヤーを迎え、世界各国の人々が日本を訪れることが予想される今、私たち日本人が日本の文化を再認識することは大切です。

「和の文化」について調べ、説明するという言語活動は、子供が目的意識をもって取り組めると考えます。本教材は、子供が想起しやすい和菓子が題材であり、序論・本論・結論の構成が明確な文章です。

また、和菓子を「歴史」「ほかの文化との関わり」「文化を受けついだり支えたりする人」の三つの観点から説明するという構成が、自分が調べたい「和の文化」に迫り、発表するための手引きになります。

さらに、図表や写真を用いた説明のしか

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました