デジタル教科書、小中学生の6割に導入 来年度予算案を決定

未分類
政府は12月21日の閣議で、2021年度予算案を決定した。文部科学関係予算は5兆2979億9700万円で、このうち文教関係予算は前年度から87億円減って4兆216億円となった。学校教育関連では、小学校全学年の「35人学級」を5年間かけて実現するための義務教育費国庫負担金や、学習者用デジタル教科書を小学5年生から中学3年生まで全国の約6割の学校で1教科ずつ導入し、学校現場がデジタル環境に慣れていくための促進事業などが盛り込まれた。来年度の学校現場は、全国の小中学校で1人1台端末によるICT環境の整備が進み、学級編制の見直しとともに、「令和の日本型学校教育」の実現に向けて踏み出すことになる。

文教関係予算は前年度よりも微減となったが、今回の予算案は20年度第3次補正予算案と一体で編成する「15カ月予算」との位置付けになっており、新型コロナウイルスの感染防止対策やGIGAスクール構想の実現に向けたICT環境整備の関連項目は、第3次補正予算案に計上されている部分が多い=表参照。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました