精神疾患による病気休職者5478人 過去最多を記録

未分類
文科省が12月22日公表した2019年度公立学校教職員の人事行政状況調査によると、精神疾患による病気休職者は5478人で、全教職員数の0.59%を占めた。前年度より266人増加し、過去最多を記録した。学校種別では特別支援学校、年代別では30代で割合が高かった。

学校種別に見ると、▽小学校 2647人(教職員数割合0.64%)▽中学校 1387人(同0.6%)▽義務教育学校 21人(同0.62%)▽高校 768人(同0.42%)▽中等教育学校 6人(同0.34%)▽特別支援学校 649人(同0.72%)。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました