『教育委員会が本気出したらスゴかった。』著者 佐藤明彦氏に聞く

スポンサーリンク
未分類
オンライン授業の全市展開 実現までの道のりコロナ禍の休校期間中、双方向型のオンライン授業を全市展開して、注目を集めた熊本市。その道のりを追ったルポルタージュ『教育委員会が本気出したらスゴかった。』(時事通信社、1600円+税)が出版された。3年前までは、学校ICTの「後進自治体」だったという同市が、どのようにしてオンライン授業を実現したのか。本書を執筆した教育ジャーナリストの佐藤明彦氏に聞いた。各自治体のモデルとなる取り組み――出版に至るまでの経緯は。休校期間中、多くの学校がプリント配付などで手いっぱいな中、熊本市がオンライン授業を全市展開しているとのニュースを耳にしました。個人的に関心を寄せていたところ、出版社から同市の取り組みを書籍化したいとの相談を受け、緊急事態宣言の解除を待って熊本へ飛びました。現地で関係者から話を聞き、約1カ月半という短期間で原稿を書き上げ、何とか9月末に出版にこぎ着けました。――出版の狙いについて。新型コロナに限らず、自然災害などによって、学校が臨時休業を余儀なくされることもあります。……
Source: 教育新聞

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました