単元丸ごと!板書&ノート④ ~小五国語「大造じいさんとガン」~

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
Instagramでは1万人超えのフォロワーに支持され、多くの女性教師のロールモデルにもなっている樋口綾香先生による人気連載! 国語の授業について単元全体の板書とノートの具体例を紹介するシリーズ4回目の教材は、「大造じいさんとガン」(光村図書5年)です。

執筆/大阪府公立小学校教諭・樋口綾香

イラストAC

【関連記事】単元丸ごと!板書&ノート① ~小一国語「やくそく」~単元丸ごと!板書&ノート② ~小二国語「お話のさくしゃになろう」~単元丸ごと!板書&ノート③ ~小四国語「プラタナスの木」~

「大造じいさんとガン」椋鳩十 作(光村図書5年)

(全8時間)

今回は、2018年に行った「大造じいさんとガン」の実践について単元丸ごとお伝えします。

今年度から使用されている教科書では、指導計画時数が6時間となっています。「大造じいさんとガン」は非常に長い物語で、内容の深みもあります。6時間で行うのは、決して容易なことではないでしょう。紹介する実践から、短くできるところはないか、考えながら読んでくだされば幸いです。

第1次

1時間目 すぐれた表現や物語のみりょくについて、既習内容と結びつけて考える。



単元の言語活動は、「すぐれた表現に着目して読み、物語のみりょくをまとめよう」となっています。

まず、「すぐれた表現」や「

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました