観察日記135

塾・教職ニュース
観察日記135おはようございます。今日は「モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか」より科学者が明らかにしたのは、〈モチベーション2.0〉のOSの中心となる「交換条件つき(こうしたら、こうしてあげる)」報酬は、ほとんどの状況で効果がないばかりか、現在および未来の経済的、社会的発展の中心となるであろうレベルの高い、創造的で思索に富んだ才能をもつぶしかねない、ということだ。高い成果を上げる秘訣は、人の生理的欲求や、信賞必罰による動機づけではなくて、第三の動機づけ──自らの人生を管理したい、自分の能力を広げて伸ばしたい、目的をもって人生を送りたい、という人間に深く根差した欲求──にあると、科学で証明されている。…人生でもっとも豊かな体験は、他人からの承認を声高に求めている時ではない。自分の内なる声に耳を傾けて、意義あることに取り組んでいるとき、それに没頭しているとき、大きな目的のためにその活動に従事しているときだ、とわたしたちは知っている。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました