【赤ちゃんの名づけ】「連」は意外に他の人とかぶらない!漢字の由来や「連」を使った名前をご紹介

幼稚園・小学校

連続、連合など、日常でもよく使う「連(れん)」。「連」は1文字でも、他の漢字と組み合わせても使える、名付けの有力候補でもあります。赤ちゃんに人とかぶらない名前を付けたいけれど、あまり奇抜な名前はちょっと…という方にもおすすめです。
今回は漢字の由来や、名付けではどんな意味を持つのか、「連」の意外な歴史などを徹底解説。また「連」を使ったおすすめの名前候補もご紹介します。
「連」の由来
連れる、連なるなど現代でもよく使われる「連」ですが、実は古代日本の時代から重要な役職に名付けられていた漢字でもあります。
「連」の成り立ち
しんにょうは十字路と足の形をあらわした、「行く」という意味の象形文字。「車」は人が並んで車を引くさまをあらわした象形文字。2つの象形文字が組み合わさり、「連」は道を人が引いた車が行く様子をあらわす漢字となりました。
音読みでは「れん」、訓読みは「連れる(つれる)」「連なる(つらなる)」「連りに(しきりに)」などと呼びます。また変わった読み方では「むらじ」「まさ」「やす」などがあります。
「連」の意味
 
「連」は人が近い距離で並んだり、列を作ったりする様子や、物がつながっているさまをあらわす漢字です。
これが長じて人との関わりや、人や動物を同行する行為、また同行者そのものを指す言葉となりました。一連、二連のようにつながった物のひとまとまりを指す言葉でも

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました