帰国生受け入れ校からのメッセージ 聖学院中学校・高等学校

スポンサーリンク
受験情報
この情報は2021年度入試に関する内容です。
Q.帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。
A.帰国生入試に英語を課していますので、4月に英語の授業がスタートする時に工夫をしています。小学生の時に英語の学習経験がある者や海外生活体験者(英語圏)、初めて英語を学ぶ生徒のコースを編成し、授業内容を生徒の実態に則して変えております。
Q.帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。
A.帰国生向け(特に英語圏)の英語授業として、「SSコース」を設置(週6時間)。同コースでは、ネイティブ教員によるオールイングリッシュの授業にて、英語でのプレゼンテーション、英字新聞の多読、エッセイの練習などを行っています。英字新聞などを使い、「ソーシャルイシュー」(社会問題)に触れながら、そこで用いられている実践的な単語や表現方法を学びます。次に、自分の考えをまとめて意見を述べたり、ディスカッションしたりします。ソーシャルイシューを取り入れることで、内容の濃い議論ができ、単に英語の表現を学ぶことにとどまらない充実した授業となっています。
Q.入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。
A.海外での貴重な生活体験を誇りにして、自信を持って学校生活が送れるように環境を整えることを意識しています。日本の学校生活への不安は、一人ひとり

リンク元

スポンサーリンク
受験情報
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました