ロシアの田舎で5年暮らした話(2) 説得編

塾・教職ニュース
はじめてのロシア渡航を終えて、滑り止めで受かった地元(といっても家から片道2時間かかる…)の私立大学の工学部に通い始めた。受験に失敗したおかげで授業は簡単で、工学部だったために男子の比率が9割以上ですぐに嫌になってしまった。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました