離乳食に「もやし」はいつから?量や固さ、ひげはどうする?時期別おすすめレシピも紹介

幼稚園・小学校
目次離乳食でもやしはいつから食べられる?もやしの量や固さ、大きさの目安もやしの下ごしらえ方法離乳食用のもやしの冷凍保存のポイント時期別離乳食おすすめレシピこんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。今日紹介する食材は「もやし」。安くで手に入り、汁物、炒め物、あえ物などさまざまな料理に活躍するもやしを、離乳食にも使いたいですね。今日は、もやしを離乳食に使う時のコツと各時期のおすすめレシピを紹介します。
離乳食でもやしはいつから食べられる?
もやしは離乳食中期から
シャキシャキとした食感が美味しさを増す、もやしですが、赤ちゃんには繊維が多いので離乳食中期を目安にスタートさせましょう。
アレルギーの心配は?
大豆もやしは大豆から作られているため、食物アレルギーを引き起こすことがあります。どの食材もそうですが、一番最初に与えるときはスプーンひとさじからスタート。徐々に量を増やしていきましょう。
もやしの量や固さ、大きさの目安
離乳食中期
この頃食べられる1回分の野菜の量は20~30gですが、もやしだけをそんなにたくさん食べられませんので、5~10g程度を目安に与えましょう。固さは舌でつぶせる絹ごし豆腐くらいが目安ですので、クタクタになるまでゆがきます。大きさはみじん切りです。
離乳食後期
この頃食べられる1回分の野菜の量は30~40gですが、こちらも同じく、もやしだけをそんなにたくさ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました