中学受験でこぼれ落ちる学びとは?完璧な教育は存在しない

塾・教職ニュース
現在12歳の長男は、来年の中学受験に向け、勉強漬けの日々を送っています。小中高と地方の公立出身で、公教育に正直、物足りなさを感じていた自分としては、自分の努力で環境を自由に選ぶことのできる中学受験に対して、これまで一貫してポジティブに捉えていました。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました