諸悪の根源「ヘボン式」

塾・教職ニュース
 日本語のローマ字表記は、所謂「ヘボン式」をベースにしたものです(以下、現行の日本語ローマ字表記を「ヘボン式」と記します)。実は、日本人が英語をうまく話せない、特に、発音やスペルで躓く原因のひとつはここにあると言っても過言ではないと思います。 日本人は英語の筆記を習う前に、小学校でこの「ヘボン式」の日本語ローマ字表記を習っていす。そこで、日本語の音とローマ字表記が完全に固定化されてしまいます。“a”の発音は「あ」以外であってはならないと、インプリンティングされるのです。ところが、ご承知の通り、英語では“a”の発音は「ア」だけではありません。“apple” の ”a” は日本語の「ア」と「エ」の中間音に近いですが、“able” の "a" は「エイ」と発音します。また “u” を「ア」と発音することがありますが、あれが一番日本語の「ア」に近いです。"Bus" の “u” を思い出してみてください。 その昔、日本語にはもっと音に広がりがあったのに、手習いに「いろは歌」や「あめつちの詞」を使うようになって、表記できる音が制限されてしまったということを聞いたことがあります。筆者の記憶が正しければ、「母」はその昔、「パパ」に近い発音で、それが「ファファ」になり、「母」になったということです。いろは歌には濁音も半濁音もありません。だから次第に、豊かな音が消えて行ったのだと。実際、方言周囲説によ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました