感染症対策と教育活動の充実をどう図るか 学校現場と企業の視点から 妹尾昌俊×岡部豊

未分類
【協賛企画/エステー株式会社】新型コロナウイルス感染症の流行が始まってから8カ月あまり――。休校措置が明け再開後の学校現場では、感染症予防対策に注意を払いながら教育活動への対応が求められ、教職員にとって大きな負担となっている。文科省においても8月6日に学校・教育委員会向けの衛生管理マニュアルを改定するなどして負担軽減に向けた動きはあるものの、現在もなお学校現場では除菌作業などに割かれている時間は少なくない。これに対し関連企業は、除菌作業などの負担軽減を実現するための新たな商品開発に取り組んでいる。今回、教育研究家の妹尾昌俊氏、除菌作業の簡素化を目指した商品開発をするエステー株式会社事業統括部門ビジネス開発事業部の岡部豊部長に対談してもらい、「感染症対策と教育活動の充実をどう図るか」をテーマにそれぞれの立場から語ってもらった。
休校から学校再開後の教育活動の現状は
妹尾 6月に公立の小中高校を対象に先生の悩み調査を行いました。「授業準備をする時間が足りない」「仕事に追われて生活にゆとりがない」と答えた割合がいずれも約8割に上がりました。事情はそれぞれ異なり地域差もあるという前提としても、多くの先生方が「ゆとりがない」と感じているのが現状です。

最も大きな理由は「授業負担」が重くのしかかっていること。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました