「たけのこの里」の歴史からコラボグッズまで徹底解説!きのこたけのこ、あなたはどっち派?

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
「たけのこの里」は子どもにも大人にも人気のお菓子ですよね。その裏には長い歴史や姉妹品の「きのこの山」との争いごとなど、さまざまなストーリーがあるのはご存じですか? ここでは「たけのこの里」について徹底的に解説していきます。
「たけのこの里」の歴史
時代を超えて人気の「たけのこの里」は1979年に発売されました。「たけのこの里」の歴史を詳しくご紹介していきます。
「きのこの山」に続くチョコスナック第二弾として発売
1975年、高度経済成長期の真っ只中。産業が革新的に発展するにつれ、大衆は自然や故郷を求めるようになり、里山をイメージしたチョコスナック「きのこの山」が発売されました。 その4年後の1979年、第二弾のチョコスナックとして姉妹品の「たけのこの里」が発売されました。どちらも発売直後から好調な売れ行きを見せ、チョコスナックという新しいジャンルを開拓していくことになります。
「きのこの山」の開発秘話
「きのこの山」は当時既に発売されていた「アポロ」の製造ラインを有効活用しようと、5年に渡る研究の末に開発されました。当時はチョコレートやチョコレートバーが主流で、チョコスナックとしてはポッキーが発売して間もないころでした。 新しいスナック菓子のネーミングはカタカナが主流の時代に、奇抜な形と「きのこの山」という和風なネーミングで常識破りな異色の存在として世に送り出されました。
幻のお

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました