勉強

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
大学に進学して、高校ほど勉強漬けの日々からは解放された。正直しんどかった。毎日、何に向かって勉強すればいいのかわからなかったからだ。数学の微分積分や湾曲したグラフ、英語の不可疑問文や仮定法過去完了、国語の古典、全く何のためにこれを学んでいるのかわからなかった。私には大学に進学したいから勉強を頑張るなどの明確な目標は無く、周りが、両親が、といったふわふわ理由が大学進学の決め手になっている。だが、大学に進学して気づいたことがある。高校まではセンター試験のため、二時試験のためとテストでいい点数を取るために勉強をしなければいけなかったが、大学では自分の知恵、知識のために学ぶことができる。在籍者のことを小中高は”生徒”、大学では”学生”と呼ばれることに大いに納得した。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました