【緊急事態宣言】菅首相、7府県に対象拡大を決定

未分類
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、菅義偉首相は1月13日、首都圏の1都3県に加えて、7府県に対して、特別措置法に基づく緊急事態宣言を出すことを決めた。期間は1月14日から2月7日まで。新たに緊急事態宣言の対象となるのは、大阪、京都、兵庫の関西3府県と、愛知、岐阜の東海2県、栃木、福岡の両県。すでに緊急事態宣言が出されている東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県と合わせて、対象は11都府県になる。記者会見した菅首相は「7都府県は、新規感染者数、病床の利用率など、いわゆるステージ4に相当する指標が多い。大都市として人口が集中しており、全国に感染が広がる前に、対策を講じる必要がある」と、対象地域を拡大した理由を説明した。

菅首相は、首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部の席上、緊急事態宣言の対象地域について、「これまで1年近くの経験に基づいて、効果のあるものは全て対象とし、徹底的な対策を行う」と指示。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました