脳科学者 中野信子さんに聞く、集団の中で異質な人が「嫌い」な理由。そのバイアスはコロナ禍で強くなる

幼稚園・小学校
目次異質な人が嫌いコロナ禍で強くなる集団バイアス『ヒトはいじめをやめられない』『キレる!』など、世の中に多くのベストセラーを生み出している脳科学者の中野信子さん。新刊のテーマは人間なら誰もがもっている「嫌い」という感情について。この感情をしっかり理解して、戦略的に利用することに目を向ければ、同性、異性を問わず、他人との日々の付き合いが楽に、かつ有効なものになると中野さんは言います。第二回目は集団の中で異質な人を「嫌う」ことや、コロナ禍で加速するその傾向について語っていただきます。
異質な人が嫌い
コロナ禍で、「世代間の断絶」「差別意識」が起きているという意見があります。しかし、「世代間の断絶」や「差別意識」は今に限った問題ではありません。
異質なものを排除したいという感情は、人間社会においては常に起こっている圧力なのです。
この圧力が「集団バイアス」です。人は集団になると必ず集団バイアスが生じます。
そして自分の所属する集団に対しては、自分の所属していない集団よりも好意的に行動する行動のことを「内集団バイアス」と呼びます。
また、自分と異なるグループの人間はみんな同じに見え、ひとくくりにしてしまうのが「外集団同質性バイアス」です。
例えば、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を巡り、若者全般の行動を非難し、自制するよう求める声が上がりました。
若い人にも慎重に行動している人もいます

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました