教育格差の原因、2位に学校の指導力 18歳意識調査

未分類
日本財団(笹川陽平会長)はこのほど、33回目となる「18歳意識調査」の結果を発表した。17~19歳のうち、教育格差を感じると答えた人は半数を占めた。教育格差の原因では、「家庭の経済力」に次いで「学校の指導力」が多く挙がった。

調査結果によると「集中して勉強できる環境が家庭にない」「経済的な理由で塾や習い事に行けなかった」など、他人と比べて自分自身の学習環境の差を感じると答えた人は43.4%。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました