「ずぼんぼ」ってなあに? スポーツの秋にもぴったりな江戸時代のおもちゃを作って遊ぼう!【KITTE OTTE】

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次「ずぼんぼ」って一体…?ねずみの「ずぼんぼ」の作り方 「ずぼんぼ」をうまく動かすコツ世界にひとつだけの「ずぼんぼ」を作ろう!「ずぼんぼ」って一体…?
秋といえば食欲の秋、読書の秋、そしてスポーツの秋!  過ごしやすいこの時期に、体を思いっきり動かすのは気持ちがいいですよね。ですが今年は、距離をとって少人数で…といった制約があったり、そのために運動会が中止・縮小になったりと、みんなでスポーツを楽しむのはなかなか難しいことも…。
そこで今回は、人のかわりに思いっきり飛んだり跳ねたりと、動きが特徴的なおもちゃ「ずぼんぼ」をご紹介します。
「ずぼんぼ」はいまから約230年前、江戸時代に生まれた紙のおもちゃ。「ずぼんぼ」という不思議な名前は、もともと獅子舞を踊らせるときのかけ声だったのだとか。うちわであおぐだけのシンプルな遊び方ですが、本気で遊ぶとなかなか体力を使います。
ちなみに今回作る「ずぼんぼ」は今年の干支、ねずみのデザインです。さっそく作ってみましょう!
ねずみの「ずぼんぼ」の作り方
用意するもの
・はさみ
・のり
・クリップ4つ
・うちわ
・色えんぴつ(オリジナルで作る場合)
作り方
キッテオッテのサイトから「ねずみのずぼんぼ」の台紙をダウンロードできます。お家のプリンターやコンビニのネットプリントなどで出力してください。
↓ 台紙や詳しい作り方はこちらから
1)線にそって

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました