帰国生受け入れ校からのメッセージ 青稜中学校・高等学校

スポンサーリンク
受験情報
この情報は2021年度入試に関する内容です。
Q.帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。
A.ホームルームや授業は一般生と同じクラスで行います。様々な地域から通学する生徒と様々な価値観を分かち合いながら、学校生活を共にしていくことが特に多感な中高時代には必要だと考えています。
Q.帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。
A.中高共に一般生と同じクラス編成の中で行われます。中学1年次から高校1年次までは日本人教師による授業が週7~8時間、ネイティブによる英会話の授業が週1時間(中学1年は2時間)あります。中学での英語の授業は全て1クラスを2分割した少人数授業になっています。また、滞在先で英語力を培ってきた生徒の場合には、ネイティブ教師のフォローだけでなく、英語の授業においてPOP(Pull Out Program)という取り出し授業を実施しております(中学のみ)。
Q.帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。
A.補習授業という形式は取っておりません。代わりに自学自習の確立を目指したSラボ(中学生対象)があります。Sラボでは基本的に自ら授業で課された課題を行う場ですが、専属スタッフによる各教科のフォローもあり、個々のレベルにあった指導を受けることができます。また、本校では定期試験前に質問の日を設け

リンク元

スポンサーリンク
受験情報
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました