海が青いのはどうして? 青く見える仕組みと海に関するマメ知識も【親子でプチ科学】

スポンサーリンク
幼稚園・小学校

海の絵を描くとき、ほとんどの人は青色を手にするでしょう。では、なぜ海は青いのでしょうか? 海や空が青く見える理由や、夕焼けが赤い理由を分かりやすく解説します。そのほか、海にまつわる三つの不思議についてもチェックしておきましょう。
海が青いのはなぜ?
海水を透明のボトルにすくってみても、青い色が付いているようには見えません。海水自体は無色透明なのです。まずは、透明な海水を青く見せる二つの要因について解説します。
太陽の光に秘密がある
海が青く見えるのは「太陽の光」による作用です。太陽の光には色がないように見えますが、太陽の光を分散させると、虹のように赤・オレンジ・黄・緑・青・紫の7色を含んでいます。
ところがこの7色のうち、青以外の色は水に吸収されてしまいます。プランクトンなどの不純物が少なければ薄い水色だけが残るので、きれいな海ほど透明度が高くなるのです。
ただし、海水にプランクトンなどの不純物が多いほどほかの色も残るため、ときには海が緑や赤に染まることもあるでしょう。
さらに、海底の色によっても海の青さは変わります。海底が黒っぽければ青い光も吸収してしまいますが、海底が白ければさらに反射して海の中に青い光が戻ってくるのです。
空の青さも関係がある
同じ場所の海でも、天候によって色が変わります。晴れた青空の下にあれば、海は澄んだ青色になるでしょう。反対に、どんよりと曇った空の下

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました