小2生活「わたしの町のひみつを教えるよ」指導アイデア

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
執筆/宮城教育大学附属幼稚園教諭・片平みちる 編集委員/文部科学省教科調査官・渋谷一典、宮城県公立小学校教諭・鈴木美佐緒

写真AC

期待する子どもの姿

【知識及び技能の基礎】

自分の町の施設や、町の人のために働いている人がいることが分かり、自分たちの生活はいろいろな人に支えられていることに気付くことができる。


【思考力、判断力、表現力等の基礎】

町の施設の役割や、働く人の思いについて考え、まとめ方や伝え方を工夫して、町の秘密を伝えている。

【学びに向かう力、人間性等】

町の施設や人に関心をもち、自分が住む町に愛着をもって生活しようとしている。

子どもの意識と指導の流れ (7時間)

めざしたい子供の姿

これまで数回に分けて町探検を行ってきた子どもたちは、「いつも行っている児童館って、こんなにすごいところだったんだよ!」「スーパーの〇〇さんは、おすすめの野菜が分かるように、目立つ工夫をしているんだね」など、町のことをよく知り、自分たちが見付けた秘密を伝えたいという思いが高まってきています。

誰に対して秘密を伝えたいのかということを明確にし、市民センターや児童館、スーパーマーケットや病院など、様々な形で自分たちの生活を支えてくれている施設や、様々な人の存在に気付き、自分との関わりに気付くことができる学習活動を計画

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました