子どものうんちが出るのは2~3日に一度。便秘の治療をしたほうがいい?【小児科医監修】

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
今回は「子どもの便秘」の対処法・予防法などを小児科専門医の森戸やすみ先生にお聞きしました。
Q:うんちが出るのは2~3日に一度。便秘の治療をしたほうがいいですか?

1日でもうんちが出なければ便秘なの?
便秘とは、排便の回数が少なかったり、出にくかったりする状態のこと。具体的には、うんちが週に3回以下、または続けて5日以上出ない場合をいいます。便通が毎日あっても、出すときに痛がったり、肛門が切れて血が出たりする場合は便秘とされます





googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1564037923808-0'); });





幼児の便秘のおもな原因は?
子どもの便秘のほとんどは、病気や体の機能の異常によるものではありません。原因として多いのが、便意をがまんすることです。かたいうんちを出したときに肛門が切れて痛い思いをすると、子どもはうんちをがまんするようになります。がまんを続けるうちに便意を感じにくくなってしまい、排便の回数が減っていくのです。
ただし、まれに先天的な病気がかかわっている場合もあります。おなかの張りがひどかったり、浣腸をしても出にくかったりする場合は、まずはかかりつけの医師に相談してみましょう





googletag

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました